妊娠しない・・、反復性着床障害!?

所属している
「日本不妊カウンセリング学会」では
毎年2回の“養成講座”が行われています。

認定カウンセラーとなっても
資格維持のために学会や講座への出席が必要となります。

昨今のコロナ禍では講座が中止となっていましたが、
今月に入り久しぶりの開催となりました。

リモート開催となりパソコンで期間内に
各講座を視聴するするのですが、

空いた時間で視聴できるので
時間の無駄がなくなり
また、聴き逃した部分を再生できるので
とても効率よく学習できました。

全てがコレだと学会の権威などが
無くなってしまうのかも知れませんが

2回のうち1回はこれで良いかも、です。

さて、そんなリモート講座の中で
興味深い言葉がありましたので
記しておこうと思います。

「反復着床障害RIF」
*40歳以下の女性に対して、
少なくとも3(生理)周期で良好胚を4個以上移植しても
妊娠しない場合を「反復着床障害RIF」と定義する。

少し古い資料(10年前)で出ていたのですが
むやみには掲載できないので控えます。

まず、
25歳から5歳きざみで見た場合

「凍結融解胚盤胞移植あたりの妊娠率」は
25~29歳:40%
30~34歳:36.4%
35~39歳:22.5%
40~44歳:12.5%
45歳〜  :0.0%
1個の胚盤胞移植で妊娠する確率が上記です。

35歳以上では2割強、40歳以上では1割強しか
妊娠に至らないということです。
*そもそも胚盤胞まで分割するかも問題になりますが。

1個の胚盤胞移植で妊娠“しない”確率が
(100%ー**%)となり、

これを4回連続で妊娠“しない”確率が
以下のデータとなります。
25~29歳:13%
30~34歳:17%
35~39歳:37%
40~44歳:60%
45歳〜  :ほぼ100%

これが「反復着床障害RIF」の確率になります。

当院で鍼灸施術を受けながら
体外受精をする方は35歳以上の方が多く、
年齢を考慮すると
約半数の方が「反復着床障害RIF」となるわけです。

体外受精も保険適用にすると
菅首相が動いているようですが
こういうデータを見た場合、

心情的には肯定しても
費用をかけて人口が増えるのかを考えると
現実は難しいと言わざるを得ません。

もし、保険適用にするなら
年齢制限を35歳程度に抑える必要が出てきます。
それを世間が受け入れるかは疑問です。

妊娠・出産は若いうちの方が良いことは
明らかなのですが、年齢での線引きは
どこかでしなくてはならないのかも知れません。

現実は厳しい!

年齢如何を問わず、
“赤ちゃんが欲しい”という気持ちで
不妊治療をされている方々全てが
妊娠・出産することを願っています。

そのために、
「反復着床障害RIF」を減らすべく
鍼灸施術やお灸教室が
少しでもお役に立てれば嬉しい次第です。

関連記事

  1. 妊活 男性に大切なことは、

  2. 妊活に“鍼灸施術”ってどお?

  3. 妊活に「耳ツボ」使ってます!!

  4. 「パンツが大事!!」

  5. 「原因不明不妊」

  6. 妊活 強い“冷え”にはお灸と生活改善、鍼灸施術も効果大。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


 
いいづか鍼灸指圧治療院の
 
飯塚祐正です。
 
 
妊娠率は一般妊活の倍以上!
 
*日本不妊カウンセリング学会 認定
 
「不妊カウンセラー」
 
 
*せんねん灸
 
「セルフケアサポーター」など
 
 
あなたの妊娠に向けて
 
いろいろなサポートをしています。
 
 
よろしくお願いします。

リンクサイト

 

 


 
*鍼灸師がオススメする鍼灸院*
 
 
子宝ねっと
 

 
*積極的に取り組んでいます*
 
 
せんねん灸・セルフケアの森
 

 
【セルフケア・サポーター】
として活動しています
 

blog

PAGE TOP