生理周期で体の状況に
合わせた施術を行います

  
生理周期によって体の状況は異なります。
妊娠に導くためには、体の状況に合わせた施術が必要です。

例えば、基礎体温の低温期と高温期で
同じ施術で良いはずがありません。

大切な二つのホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の
働きを促すには必要な手技と刺激が異なります。


鍼灸指圧施術を基に、排卵期や黄体期(高温期)では
自律神経やホルモンを整える施術を、

卵胞期(低温期)では、“妊活耳ツボ”や“妊活アロマ水”を加え
卵胞の発育を促す施術を取り入れます。
  
また、不妊治療の人工授精と、体外受精では、
処置のタイミングに合わせて体を整える
鍼灸指圧施術を行います。

男性不妊に対しても鍼灸指圧施術を積極的に行います。

あなたの妊活を積極的にするために
セルフ・ケアとして“お灸”を取り入れています。

PAGE TOP