妊活 BMIと排卵障害リスク

先週のリモートでの学会に続き
今週もリモートでライブの学会があり視聴しました。
その中での項目から1つご紹介します。

「肥満症例に対する不妊治療」

肥満が妊孕性(妊娠)や周産期予後に
悪影響があるというものです。

ここでの“肥満”は 30≦BMI をさすのですが
妊娠を望むなら“痩せなさい”ということです。

理由の一つとして
肥満は排卵障害に繋がるというデータが出ていました。

それで、排卵障害のリスクが低いのは
BMIが20-24の範囲とのことです。
これに続けて、
「減量が困難な場合や高齢で不妊治療を急ぐ場合、
受精卵を凍結保存して
“減量が達成されてから融解胚移植”を検討する」
という提案もされていました。

確かに肥満は妊娠を困難にするかも知れませんが
何か扱いがモルモット的に感じてなりませんでした。

現実的に肥満が排卵障害に繋がるのであれば
妊娠を望むなら痩せる必要があるようです。

というより、
明らかな肥満は何がしか生活習慣に問題があるはずです。

体重を指標として生活習慣を見直すことが
妊娠に繋がると思います。

本末転倒に感じるのは私だけでしょうか。

肥満といえば、
以前「耳ツボダイエット」が流行っていました。

耳には足裏同様にたくさんのツボがあり
妊活に使えるツボもあります。

耳のツボは体にあるツボより
簡単に使える利点があります。

これを使った
”妊活耳ツボ”も取り入れています。

セルフでもできますので
興味がありましたらご連絡ください。
*日程等はご希望を受けています。

関連記事

  1. 認定外施設 の「出生前診断」

  2. 妊活に“ピラティス”

  3. 「お灸教室、開催しました」

  4. 「即効でした」

  5. 「育児奮闘中!」

  6. 「まだまだ頑張る余地があると感じました♫」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


 
いいづか鍼灸指圧治療院の
 
飯塚祐正です。
 
 
妊娠率は一般妊活の倍以上!
 
*日本不妊カウンセリング学会 認定
 
「不妊カウンセラー」
 
 
*せんねん灸
 
「セルフケアサポーター」など
 
 
あなたの妊娠に向けて
 
いろいろなサポートをしています。
 
 
よろしくお願いします。

リンクサイト

 

 


 
*鍼灸師がオススメする鍼灸院*
 
 
子宝ねっと
 

 
*積極的に取り組んでいます*
 
 
せんねん灸・セルフケアの森
 

 
【セルフケア・サポーター】
として活動しています
 

blog

PAGE TOP