「逆子じゃなくなっていました!✨」

約10日ほど前
妊娠32週で“逆子”と診断を受け
施術予約のLINEをいただきました。

そもそも、
“逆子”は寒い時期に多い現象で
母体(下肢)の冷えが主な原因とも言われます。

この酷暑の中で“逆子”の状態とは、
それだけ冷房のある自宅で
自粛生活をしていたかということにも繋がります。 “逆子”といえば「至陰」のお灸が定石です。
ただ、この酷暑に“熱の施術”のお灸は
受ける方が大変かと・・。

施術に際し足元を触ると冷たくはなく
冷えからの“逆子”ではない様子でした。
まぁ、これが原因がわからない所以だと思います。

「次回の検診での戻りを目指しましょう」

目標を決めて、
汗をかきながら笑“お灸”を受け、
3回の灸施術と自宅でのセルフ・ケア(お灸)で

冒頭のLINEの言葉になりました。


施術をしていると
「お灸を始めるとすぐに胎児が動き出す」
と、いう話をよく聞きます。

「至陰」のお灸は
単に足元を温める作用もありますが、
それと共に子宮への刺激があることを
改めて確信しました。


解剖学的な繋がりは何もありません。

しかし、経絡的に“至陰”は子宮を纏っており、
足の小指と子宮はつながっています。

東洋医学には経絡や“気”という概念があります。
そんなことをちょっと付け加えて考えると
以外にすんなり理解できてしまうこともあります。

”逆子”に“お灸”、 おもしろいですね。


妊活に体の機能を十分発揮するために
セルフ・ケアとして“お灸”を勧めています。

コロナ禍ではありますが
感染防止を考慮しながらお灸教室も開催中です。

お気軽にご参加ください。

ストアカ
 
 

飯塚 祐正

【お灸で妊活!!】不妊治療のセルフケアセミナー

“あれ?私に『お灸』は必要なの?”

お灸で妊娠率が高まる人の
『症状 チェック表』

下のURLでチェックしてみてください!!

https://iizuka-minin.com/check.pdf

関連記事

  1. 逆子治療の依頼が増えています。

  2. 【奇跡の回転!】

  3. 「3274gの元気な男の子です🍀」

  4. 「逆子、治りました!」

  5. 「逆子治っていました!o(^o^)o」

  6. 「無事に逆子がなおっていましたー!」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


 
いいづか鍼灸指圧治療院の
 
飯塚祐正です。
 
 
妊娠率は一般妊活の倍以上!
 
*日本不妊カウンセリング学会 認定
 
「不妊カウンセラー」
 
 
*せんねん灸
 
「セルフケアサポーター」など
 
 
あなたの妊娠に向けて
 
いろいろなサポートをしています。
 
 
よろしくお願いします。

リンクサイト

 

 


 
*鍼灸師がオススメする鍼灸院*
 
 
子宝ねっと
 

 
*積極的に取り組んでいます*
 
 
せんねん灸・セルフケアの森
 

 
【セルフケア・サポーター】
として活動しています
 

blog

PAGE TOP