妊活 「どのタイミングで鍼灸に行けば良いか」

昨年8月に妊活鍼灸を受け出産した方から
こんなLINEが届きました。

妊娠中を含めると約1年半ぶりの連絡ですが、
間を空けずに二人目の妊娠を希望されています。

妊活を再開するにあたり
鍼灸の施術を受けるタイミングを
忘れてしまったというものでした。


妊活鍼灸は生理周期の体の状況に合わせて
施術内容が変わりますので
施術を受けるタイミングが決まっています。


一番重要視しているのは
生理終了時の卵胞期のタイミングです。

卵胞期は体の中で2つのことが開始され、
排卵に向けて卵胞が発育することと
受精卵を着床させるために子宮内膜の形成を始めます。

このタイミングで体を整えることで
排卵期、黄体期に繋げていけると考えています。


何やら難しい感じですが、先ずは簡単に
「生理が終わった時点で鍼灸施術を受ける!」
と思っていれば間違いがありません。

その後は妊娠に向けてのアクションや病院での処置等で
鍼灸施術のタイミングは変わってきますが、

リセットされてからの妊活のスタートは
このタイミングから施術開始になります。


妊活鍼灸を含む“未妊治療”では
「妊活耳ツボ」や「妊活アロマ水」を使って
良好な成績を上げています。
  
あなたの妊活に“未妊治療”を
取り入れてみませんか?
 
*“不妊”とは考えず、
 まだ妊娠していないだけ、“未妊”と考えています。
 
 
あ、“未妊治療”は宿題を出します。
自分の体に責任を持っていただくために
セルフ・ケアとして“お灸”をしていただきます。

“あれ?私に『お灸』は必要なの?”

お灸で妊娠率が高まる人の

『症状 チェック表』

下のURLでチェックしてみてください!!
https://iizuka-minin.com/check.pdf
  
“未妊治療”のお問い合わせは
お気軽にどうぞ

関連記事

  1. 不妊治療 「4つの胚盤胞を得ることができました!」

  2. 「育児奮闘中!」

  3. 妊活 「お灸教室」やっています。

  4. 「なんとビックリ最多の10個とれました(!)」

  5. 「な、なんとー!妊娠したみたいです」

  6. 「産活」にしませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


 
いいづか鍼灸指圧治療院の
 
飯塚祐正です。
 
 
妊娠率は一般妊活の倍以上!
 
*日本不妊カウンセリング学会 認定
 
「不妊カウンセラー」
 
 
*せんねん灸
 
「セルフケアサポーター」など
 
 
あなたの妊娠に向けて
 
いろいろなサポートをしています。
 
 
よろしくお願いします。

リンクサイト

 

 


 
*鍼灸師がオススメする鍼灸院*
 
 
子宝ねっと
 

 
*積極的に取り組んでいます*
 
 
せんねん灸・セルフケアの森
 

 
【セルフケア・サポーター】
として活動しています
 

blog

PAGE TOP