「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」

不妊の原因としてよく言われる
「多嚢胞性卵巣症候群」について
基本的なことを書いてみました。

まず、
・診断基準が不明確!(イキナリですか)
だから「症候群」なわけで、コレ!という決め手が無い。

・多嚢胞卵巣
ホルモン異常で卵巣が過剰に刺激されて多嚢胞となる。
(エコーなどで視覚的にインパクトがあるからこの名前?)

・男性ホルモン(アンドロゲン)過剰
多毛、ニキビ、脱毛など

・背景に疾患がある
糖尿病(インスリン抵抗性)、肥満

・原因は不明・・
*原因が分からなければ対症療法となってしまう。

症状として
月経異常(月経不順・無月経)、不妊、自然流産

妊娠可能な女性の約5−10%に認められる。

治療法として
肥満があれば減量・運動、
「クロミフェン」を主としてホルモン治療。

と、こんな感じなのですが、
原因が分からずホルモン治療するのも
怖い気がします。

とりわけ“妊娠”に対しての対応とは思えません。

対応を考えればきりが無いですが、
注目すべきは『肥満』でしょうか。

「多嚢胞性卵巣症候群」という病名は
2003年頃に診断基準が決められたもので、
それまでは無かった病名です。
*診断機材(エコー)の性能が上がったため
 嚢胞がよく見えるようになった!!→多嚢胞!?

今は「メタボリック」などという名前ですが
以前は「肥満症」と言われていた時代。

それを考えると
やはり生活様式や食べ物から
原因を考えるべきかも知れないですね。

特に食べ物は輸入食材が増え
肉類には“多種のホルモン剤”が
投与されている可能性が高いです。
*目に見えないから始末に負えない。


病院やクリニックでの検査は必要ですが
ホルモン治療をするより生活を見直し
食事(食材)や運動に気を配るという

一周回って一番ベーシックなところが
重要ということになるのかも。


本来、身体は恒常性という
元に戻す、バランスを整える機能を持っていて
それを崩してしまうと不調をもたらします。

不調の指標となるのは
“食欲”・“睡眠”・“排泄”の生活習慣。

“お灸”はセルフケアとして
この生活習慣をしっかりサポートできます。

「多嚢胞性卵巣症候群」と言われたら
妊活に“お灸”を取り入れてみませんか。

ご興味のあるあなた!
“お灸教室”をやっています。
お気軽にご参加ください。
 

“あれ?私に『お灸』は必要なの?”

お灸で妊娠率が高まる人の

『症状 チェック表』

があります。

下のURLでチェックしてみてください!!
https://perao.xsrv.jp/checksheet/

お問い合わせは下記からお気軽にご連絡ください。
https://line.me/R/ti/p/%40awo5482s

いいづか鍼灸指圧治療院
東京都,板橋区,北区,豊島区で不妊症に適した鍼灸治療を行なっています。

JR埼京線、板橋駅から徒歩1分、池袋駅から一駅
都営三田線、新板橋から徒歩3分
東武東上線、下板橋から徒歩4分

飯塚祐正 【未妊治療】いいづか鍼灸指圧治療院 子宝鍼灸師

いいづか鍼灸指圧治療院の飯塚祐正です。
当院で治療を行うと、妊娠率は一般妊活の倍以上

“不妊”じゃない!
未だ妊娠していないだけ “未妊” です。
鍼灸施術で妊活中の方の体質改善に積極的に取り組んでいます。
鍼灸指圧師、柔道整復師、臨床検査技師 医薬品登録販売者
青年海外協力隊OB

関連記事

  1. 「即効でした」

  2. 「無事に逆子がなおっていましたー!」

  3. 桃の節句は“邪気払い”

  4. 不妊治療 「4つの胚盤胞を得ることができました!」

  5. 男性の高齢出産にもリスクはある?

  6. 「残暑お見舞い申し上げます」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


 
いいづか鍼灸指圧治療院の
 
飯塚祐正です。
 
 
妊娠率は一般妊活の倍以上!
 
*日本不妊カウンセリング学会 認定
 
「不妊カウンセラー」
 
 
*せんねん灸
 
「セルフケアサポーター」など
 
 
あなたの妊娠に向けて
 
いろいろなサポートをしています。
 
 
よろしくお願いします。

リンクサイト

 

 


 
*鍼灸師がオススメする鍼灸院*
 
 
子宝ねっと
 

 
*積極的に取り組んでいます*
 
 
せんねん灸・セルフケアの森
 

 
【セルフケア・サポーター】
として活動しています
 

blog

PAGE TOP