妊活 人工授精(AIH)は保険適用外

来年春、2022年4月から
「不妊治療の保険適用」が実施されそうです。

改めて資料を見ていたら
「人工授精(AIH)」は保険適用外になっています。

保険適用となるのは
①男性不妊 ②女性不妊 ③原因不明機能性不妊に対しての検査
原因の治療としての手術療法や薬物療法であり、

いわゆる不妊治療は対象になっていません。


今回の保険適用というのは
「特定治療支援事業」というらしく
特定不妊治療として括られる
・体外受精
・顕微授精
・男性に対する治療(MD-TESE)
の3つを国費で助成するものです。

今までも保険適用外であった
人工授精(AIH)は支援事業に組み込まれなかったため
今まで通り自費での対応になるわけです。

へー、です。
人工授精は特別な機材が必要なく
安価でタイミング療法の延長線上ある感じで、
妊娠率もそれほど高くはなりません。

とはいえ、鍼灸施術を受けながら妊活をしている方には
意外に人工授精を行なっている方が多く
特に、既にお子様がいて、二人目を希望している場合です。

また、ご主人側に問題がある方など
精液を前処理して人工授精することで
妊娠につながるケースも見受けられました。

安価な処置だから組み込まれなかったと
考えるのは穿った見方かも知れませんが、
妊娠に繋がる処置であるならば
保険適用に組み込んでも良いのではと思いました。


保険適用の内容は病院での細胞レベルでの話です。
受精や胚を育組む身体への対応とは異なります。

不妊治療が保険適用になるからといって
お医者さんに妊娠させてもらうわけではありません。

自分で妊娠に臨むために不妊治療を受けるのも大切ですが
先ずはご自身の身体の健康があって
妊娠に繋がるものと考えています。


妊活について、オンラインで
『30分無料カウンセリング』やっています。

話をすることでクリアになることもあります。
何となく気になったらご連絡ください。
その何となくが状況を変えるキッカケになるかも知れません。

SkypeやZoomの環境が整っていれば
お話を伺います。
モニターoffの顔無しでもOKです。 下記のお問い合わせフォームから
お気軽にお問い合わせください。

コロナ禍ではありますがお灸教室も開催中です。
日程等のリクエストも受け付け中です。
感染防止に努めながら行います。

お気軽にご参加ください。

ストアカ
 
 

飯塚 祐正

【お灸で妊活!!】不妊治療のセルフケアセミナー

 

いいづか鍼灸指圧整骨院の口コミ・感想をもっと見る

 

     

    関連記事

    1. 排卵検査薬は避妊目的?

    2. 妊活 「不妊治療に保険適用」!?

    3. 妊活 「耳つぼ」も妊活のセルフ・ケアに

    4. 出産報告 「女の子を出産いたしました😊」

    5. 「逆子治っていました!o(^o^)o」

    6. こんなもの買ってみました!

    プロフィール


     
    いいづか鍼灸指圧治療院の
     
    飯塚祐正です。
     
     
    妊娠率は一般妊活の倍以上!
     
    *日本不妊カウンセリング学会 認定
     
    「不妊カウンセラー」
     
     
    *せんねん灸
     
    「セルフケアサポーター」など
     
     
    あなたの妊娠に向けて
     
    いろいろなサポートをしています。
     
     
    よろしくお願いします。

    リンクサイト

     

     


     
    *鍼灸師がオススメする鍼灸院*
     
     
    子宝ねっと
     

     
    *積極的に取り組んでいます*
     
     
    せんねん灸・セルフケアの森
     

     
    【セルフケア・サポーター】
    として活動しています
     

    blog

    PAGE TOP