2019年9月

「妊活に“三陰交”」

  • 2019.09.28

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。   言霊ってありますから、そうならないように。 妊活に必須の“三陰交”を取穴してみました。簡単ですので、指圧・マッサージはもちろん ぜひ“お灸”をして下さい。必ず妊娠体質に変わります!!   “あれ?私に『お灸』は必要なの?” お灸で妊娠率が高まる人の 『症状 チェック表』 があります。 下のURLでチェックしてみてください!!https://p […]

「二人目妊活の障壁」

  • 2019.09.27

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。   言霊ってありますから、そうならないように。  二人目がなかなか妊娠できず未妊治療(鍼灸施術)を受けに来る方が増えています。 37歳、事務職で育児のための時短中。2歳のお子様がいて、二人目を希望し7月下旬から施術開始しました。 お話を聞くと、一人目の妊娠は自然妊娠で、妊活はしていなかったようです。 二人目の妊活は一人目の妊活とは状況が全然違いま […]

「本当に理想的なお産でしたよー」

  • 2019.09.23

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。   言霊ってありますから、そうならないように。 出産報告をいただきました。 7月初旬に30週で逆子と診断されて“逆子のお灸”を開始しました。 30週での施術開始は早い方で、32週以降での開始が多いですが、 やはり胎児が小さいうちだと元に戻る率は高いですね。 施術開始から約2週間の間に3回の“逆子のお灸”施術と自宅でセルフでお灸をしていただき 32 […]

「不妊治療中に凍結胚紛失」

  • 2019.09.18

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。   言霊ってありますから、そうならないように。  今朝のヤフーニュースでこんな記事が出ていました。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6336865 これはあってはならないことです! 培養士の知人にも聞きましたが 取り違えはもちろん紛失には 細心の注意を払っていると言っていました。 凍結胚を無くされたご夫婦の失望は […]

「妊娠検査薬フライング検査 」

  • 2019.09.14

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。   言霊ってありますから、そうならないように。 今朝、こんなLINEが入りました。 「妊娠検査薬フライング検査をすると  陽性反応が出ました。」 妊活中の方が高温期の後半に下腹部痛などの症状があり妊娠検査薬で検査をしたら陽性反応が出たということです。 陽性反応が出たことは喜ばしいですが、どう考えても早すぎのような気がします。 体外受精の処置で胚盤 […]

「すごい安産です!」

  • 2019.09.11

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。   言霊ってありますから、そうならないように。  出産報告をいただきました! 40歳、主婦Ⅰ型糖尿病の基礎疾患を持っている方で妊活中に子宮ポリープを指摘され切除手術待ちの期間に自然妊娠しました。 妊娠29週に“逆子”を指摘され当院で“逆子のお灸”を開始して33週目の検診にて逆子が戻りました。 その後、お灸は“安産のお灸”なるので続けるようにお話し […]

妊活に“鍼灸施術”ってどお?

  • 2019.09.09

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。 言霊ってありますから、そうならないように。 望んでもなかなか妊娠に至らない場合 どうしても第一選択が病院・クリニックの「不妊治療」になります。 当たり前ですが「不妊治療」を行いすぐに妊娠する方は鍼灸施術を受ける必要はありません。 妊活に“鍼灸施術”を受けに来る方は・不妊治療でなかなか結果かが出ない・妊娠する身体なのか不安がある・婦人科系(内膜症、 […]

「体外受精と鍼灸施術」

  • 2019.09.05

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。   言霊ってありますから、そうならないように。  「体外受精の治療を始めたいのですが、 鍼灸の治療はどのように進めるのですか?」 LINEでこのような質問をいただきました。 精子・卵子の細胞レベルの処置とそれを育む身体へのケアは 妊娠に向けて最重要と考えています。 病院・クリニックの処置と鍼灸の施術を流れに沿って記載してみました。  病・ク:生理 […]

排卵検査薬は避妊目的?

  • 2019.09.03

* “不妊”という言葉を使わないようにしています。   言霊ってありますから、そうならないように。  先日、「医薬品登録販売者」の資質向上研修に参加してきました。 医薬品って3つに分類されていて第一類は薬剤師さんの管理のもとで処方されたり販売するもので、 その他の第二類と第三類は副作用や安全性に注意して薬剤師の他、「医薬品登録販売者」が販売できます。 それで、その登録販売者の資格を維持するには厚労 […]