“赤ちゃんが欲しい”と願うあなたへ

病院で不妊治療を受ける前に

妊娠に向けて出来る事は

病院に行くことだけではありません!

不妊治療は、
検査やホルモン療法、人工授精に体外受精をすること??

病院に行く前に出来る事はたくさんあります。

病院はその後で良いのではありませんか??

質問です! 赤ちゃんはどこで育ちますか?
・・・そう、あなたのカラダの中です。

その、あなたの体が赤ちゃんを
育てる準備、環境が出来ていないのに、

妊娠できると思いますか?

あなたが妊娠しない本当の理由とは?

1、体の妊娠する準備ができていない

あなたは、
仕事や家事で毎日精 神的・体力的に
大きなストレスを受けていませんか?

また、生理痛・生理不順・腰痛・肩こり・頭痛・便秘
といった症状はありませんか?

これら全てが子宮を含めた体の「めぐり」の悪さからくる
【冷え】からおきているものと考えられます。

そのような状態で妊娠しても
健康な赤ちゃんをお腹の中で育てられません。

つまり、あなたの体は
赤ちゃんを守るために妊娠しようとしないのです。

「めぐり」の悪さ【冷え】は

強い生理痛や便秘をまねき

子宮や骨盤の硬さに繋がります。

生理とは子宮内をキレイにするものなので、
上手くいかないと子宮内の状態が悪くなり

妊娠しにくくなります。

また、生理痛は生理による排泄がうまくできない証拠で、
子宮の状態が悪くなり

子宮筋腫や子宮内膜症になりやすいです。

生理不順ならホルモンバランスが悪く
着床しても受精卵を育てることができないので

流産・不育症の確率が高くなってしまいます。

2、妊娠する体力がない

強い“冷え”は免疫力や体力と関係します。

例えば、妊娠中は2人分の血液をあなたの心臓から送り、
2人分の水分をあなたの腎臓がコントロールします。

赤ちゃんが子宮で大きくなるにつれ内臓は圧迫され
機能が低下してしまいます。

内臓に元気がなく
体力がない母体は 容易に妊娠中毒症となり

母子共に危険にさらすことになります。

つまり、

あなたの体を守るために

妊娠しようとしないだけです

逆に、準備が出来ていないカラダで
運良く妊娠できたとしても、

産前・産後の母体や赤ちゃんに
健康障害が出てしまうケースも少なくありません。
(アトピー性皮膚炎などがあげられています)

3、タイミングが間違っている

基礎体温を計った経験はあると思いますが、
排卵日と基礎体温の変化はずれることも多いです。

病院で排卵日を予測したりしますが、
これもその日の

精神状態や体調で前後します

ので、
実はタイミングを取ることは難しいとされます。

体調を整えストレスを緩和することで
妊娠のタイミングが定まってきます。

不健康な身体で妊娠するリスク

薬を使っての治療や、
健康に全くアプローチをしない妊娠方法で
妊娠したらどうなるでしょうか?

農薬を使ったり
肥料や水が行き届いていない土で作った野菜と、
自然の肥料で十分な水を与えて育った有機野菜と

どちらを選びますか?

赤ちゃんはあなたの土(子宮)で育ち
あなたの身体から栄養をもらいます。

年齢は関係ないのです。

40歳を過ぎても健康な身体であれば、
元気な赤ちゃんを産むことは可能です。

逆に、

若くても、不健康な身体から

生まれてきた赤ちゃんは

不健康な状態になる可能性が高い

といえます。

アトピー性皮膚炎などの
小児アレルギーが増えている理由の一つは

妊娠する母体の健康状態が大きく関わっています。

不健康な身体で子供を作るリスクは
あなたと生まれてくる赤ちゃんの両方にあります。

あなたと、生まれてくる

赤ちゃんが元気であることが大切です。

プロフィール


 
いいづか鍼灸指圧治療院の
 
飯塚祐正です。
 
 
妊娠率は一般妊活の倍以上!
 
*日本不妊カウンセリング学会 認定
 
「不妊カウンセラー」
 
 
*せんねん灸
 
「セルフケアサポーター」など
 
 
あなたの妊娠に向けて
 
いろいろなサポートをしています。
 
 
よろしくお願いします。

リンクサイト

 

 


 
*鍼灸師がオススメする鍼灸院*
 
 
子宝ねっと
 

 
*積極的に取り組んでいます*
 
 
せんねん灸・セルフケアの森
 

 
【セルフケア・サポーター】
として活動しています
 

blog

PAGE TOP