妊活 体外受精の補助金対象 延期措置

先週末の
県を跨いでの移動解除に合わせ
少しずつ人の動きが出てきています。

仕事場から見える
埼京線板橋駅のホームの人数も
自粛時に比べれば大賑わいです。

コロナ肺炎感染増加に伴い
厚労省、日本生殖医学会から
“妊娠の延期”の声明が出されていますが、

妊娠延期に伴う“特定治療支援”について
改めて確認しておきます。

ざっくりとですが、要は
“体外受精の補助金”を受けれる年齢の
枠組みを緩和しているということです。

『2020/3/31時点で43歳未満、40歳未満である方』
が対象となります。

・2020/3/31時点で既に43歳 →対象外
・2020/4/1以降に43歳になる →対象
・2020/3/31時点で既に40歳 →通算回数3回
・2020/4/1以降に40歳になる →通算回数6回

今までではその方の誕生日が
基準となっていましたが

年齢の境目にある方は
2020/4/1を基準として取り扱うことになっています。
1日違いで大違いになっています。

例えば
令和2年3月31日時点で42歳である
未婚女性について、
令和2年度中に婚姻関係が結ばれ、
その後治療を開始した場合は、
年齢緩和措置の対象となり、
体調次第で3回の助成を受けられます。

また、
令和2年3月31日時点で39歳である
未婚女性についても
令和2年度中に婚姻関係が結ばれ、
その後治療を開始した場合は、
通算助成回数が6回となります。

本人や医療機関からの
申立書や証明書等は不要とのことです。


結婚式は挙げられる状況ではないですが
パートナーがいて子供を望むなら
“妊娠の延期”の声明は

逆に妊娠のチャンスを得ることになります。

感染防止には十分注意するのはもちろんですが

ピンチはチャンス、かもしれません。


妊活のセルフ・ケアに“お灸”を勧めています。

臭うの?熱いの?難しいの?
体験していただくために

「お灸教室」やっています。
人数は少なく、回数を増やそうと思っています。

お気軽にご参加ください。

 

 
“あれ?私に『お灸』は必要なの?”

お灸で妊娠率が高まる人の

『症状 チェック表』

下のURLでチェックしてみてください!!
http://iizuka-minin.com/check.pdf
  

関連記事

  1. 妊活 「DNAの叫び!」

  2. 「今回は逆子対策で・・」

  3. 「妊娠がゴール」ではない

  4. 妊活後 「元気な女の子が生まれました✨」

  5. こんなもの買ってみました!

  6. 「二人目妊活の障壁」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


 
いいづか鍼灸指圧治療院の
 
飯塚祐正です。
 
 
妊娠率は一般妊活の倍以上!
 
*日本不妊カウンセリング学会 認定
 
「不妊カウンセラー」
 
 
*せんねん灸
 
「セルフケアサポーター」など
 
 
あなたの妊娠に向けて
 
いろいろなサポートをしています。
 
 
よろしくお願いします。

リンクサイト

 

 


 
*鍼灸師がオススメする鍼灸院*
 
 
子宝ねっと
 

 
*積極的に取り組んでいます*
 
 
せんねん灸・セルフケアの森
 

 
【セルフケア・サポーター】
として活動しています
 

blog

PAGE TOP